そこで過ごす時間は特別

週に一度行くか行かないかくらいの頻度ですが、キャバクラは大好きです。

お金持ちなら毎日でも足を運びたいくらいですけど、現実的には今ぐらいの頻度が自分には限界ですね。でもたまにだからこそ、その時は自分の中で「特別な時間」なんですよ。

女の子ととりとめのない会話をしているだけでもとっても楽しいです。
ましてやどのキャバクラは女の子も綺麗だったり可愛かったり。

非日常が体験できるところ

綺麗な女の子が当たり前のようにいる

自分の日常生活の中では自分の隣に座ってくれるようなレベルの女の子ではなく、むしろ自分なんて相手にされないだろうな…みたいな気持ちになってしまうことも珍しくない女の子が当たり前のようにいますよね(笑)

それこそ、何をするとかではなく、女の子に隣に座ってもらうだけでも男としての自尊心を刺激されることになるので楽しいんじゃないかなと思うんですよ。

あの雰囲気は、決して誰もが味わえるものではないというか、自分が男だということを思い出させてくれる部分もありますよね。

夜のリフレッシュタイムというか、自分の日常生活では体験できないことを当たり前のように体験できる場所として考えると、とっても有意義な場所なんじゃないのかなって思っています。